スポンサーリンク

あ、僕、必要とされてるんだ。って知ったときの喜びについて

最近、大学時代の超絶仲のいい友人(女性)に、すごく嬉しい事を言われた。


「リングスは優しいんだからもっと自信持っていいんだよ。(サークルの)同期の女子の中でも、割と人気あるんだから」


おいおいまじでか。まじでか。

なんだこれ。

アオハルかよ。




日々、どうやったらモテるのか、どうやったらモテるのかをばかり考えている自分がダサすぎる。

そんな自分をぶん殴りたい気持ちになった。

(痛いのでやめた)


なぜ僕には彼女ができないのか。

イケメンとは言い難く、低身長で運動神経もよくない。


ずかずかと平気で人の心に土足で踏み込むし、オンオフ激しいし感情がすぐ顔に出るし、何かおもしろいことを言わなければいけない、何かおもしろいツッコミを、小ボケを…と常に考えている始末である。誰と話していても、だ。



僕は、コミュニケーションにおいて、ストレートが投げられない。つまり、何かおもしろいことを、と常に考えているが故、ふつうに会話ができないのだ。

コミュニケーションに真剣さがない。

高校が男子校という少々特殊な環境であった、というのも少なからず影響しているのかもしれない。変化球しか投げられず、しかもその変化球が曲がりすぎる。キャッチャーミット側が動いてもらわないとコミュニケーションが成立しない。そんなキャラなのだ。僕という男は。


ふざけているわけではない。これが僕の普通なのである。


疎まれても、周りから浮いても仕方ない。現に学科の中ではかなり浮いていた。


でも、そんな自分をちゃんと見てくれてる人たちがいたんだ。


それも、1人や2人ではなく。


ちなみに、サークル同期の女性友人たちとはすごく仲がよい。今も会うし。

ノリがよくて、話してて楽しい人たちだ。


何が嬉しいって、自分が好きな人たちが、自分のことをそんな風に思っていてくれてるってこと。


あ、僕って、みんなの中にちゃんといるんだな。ただのうるさいやつ、ぶっ飛んだ変なやつじゃなくて、みんなの目にちゃんと写ってるんだな。って知ったときの喜びをさ、表現できるほど僕は言葉を知らないんだ。




ただ、それを一言で言うなら、嬉しい。ありがとう。



あ、二言になっちまった。






スポンサーリンク