スポンサーリンク

よく言えば環境になじむ。悪く言えば環境に毒される。

私、来週から勤続2年目を迎えます。

(ちなみに公務員です)

 

去年の今頃は

 

「なんも怖くねえわ。だって俺、天才だし」

 

「将来俺がフリーランスになったときの踏み台にしてやるよ!!!」

 

「残業ありきで仕事してんじゃねえよクソが」

 

 

 

 

みたいに、自分を鼓舞する意味も込めて、ちょっと突っ張ってました。

よく言えば、堂々としていました。

この勢いで入庁。

 

 

……………。

 

 

ところが今はどうだろう。

 

「あー、またミスしちゃった。もうやだ…」

 

「別に、公務員として一生骨埋めてもいいかもな…」

 

「残業ですか?まあ、仕事終わらないならしょうがないですね…」

 

 

 

なんたる腑抜けっぷり。

 

 

 

これ、やっぱり環境のせいだよね?

 

1年前はあんなにイケイケフーフーだったのに。

 

「でも」とか「まあいいか」みたいなフワフワワードばっかり使うようになったのって、やっぱり環境のせいだよね?

 

環境の〜♪せいなのねそうかもね!♪

 

そういうことにしておこう。

 

このままでは決して明るくない未来が待っている。

それは、自分の周りを見れば火を見るよりも明らかだ。

それは嫌だ。

 

 

 

アトレティコマドリードシメオネ監督が言ってました。

 

「クレイジーと呼ばれても、私は心の底から生きていたい」

 

これに対して僕は言いました。

 

「はい、わかりました。」

 

 

心の底から生きていきます。

 

おやすみ。

 

 

 

 

スポンサーリンク