スポンサーリンク

【地方公務員を目指している就活生へ】現役公務員が面接対策について伝授する

こんばんは。92年生まれ公務員のロコ(@loco_14free)です。

f:id:bonbonbn14:20180714090255p:plain

 

地方公務員を目指している方へ

                

・2次試験の面接ってどんなこと聞かれるんだろう…

・人見知りだから面接うまくいくかな…

・公務員ってお堅いイメージだから、礼儀とかマナーに厳しいのかな…

 

現役公務員の僕が、こういった疑問にお答えし、不安に寄り添います。

 

この記事の内容

 

1.僕が面接で聞かれたこと

2.ウソはつかない。本音で答える。

3.「おっさんたちとカフェでお茶しに行く」くらいの感覚でOK

 

 

ちょっとだけ個人的な話をさせていただきます。

僕は極度の人見知りで、極度のあがり症です。

ですが、当時を振り返ってみると、僕は面接に圧倒的な自信を持っていました。

 

対人関係が苦手な僕が、なぜ面接に自信を持ち、合格を勝ちとることができたのか、実体験をもとにお伝えしたいと思います。

  

1.僕が面接で聞かれたこと

 

僕が実際に質問された内容がこちら。

 

・自己PR

・志望動機

・最近関心をもったこと

・これまで力を入れて取り組んだこと
(学業、部活、サークル、アルバイトなどなんでも可)

・長所、短所

・趣味、特技

 

 

質問された内容は、オーソドックスなものばかりでした。

 

ただ私の自治体は面接が2回に分かれておりまして、

1回目は「1分間の自己PR」について深く質問を掘り下げていき、

2回目は、面接カードの記入内容でもある「志望動機~趣味、特技」について聞かれました。

(色は上の四角内の色と対応しています)

 

 

このほかに考えられる質問として

 

「なぜこの自治体なのか」

「なぜ都道府県(市区町村)を選んだのか」

 

志望動機と絡んでくるかもしませんが、こういった根本的な質問をへの回答も準備しておくといいですね。

 

 

2.ウソはつかない。本音で答える。

 

これ、僕が一番伝えたいことです。

 

自分をよくみせようとして話を盛りたくなる気持ちはわかりますが、そもそもウソついてまで公務員になりたいですか??

 

サークルもアルバイトもやってません。

新聞も読んでません。

ほぼ毎日友達と夜遅くまで飲んでました。

 

 

それでいいじゃないですか。等身大の自分でいきましょう。

 

「サークルではリーダー的存在で、アルバイトは3つ掛け持ちして、

暇さえあれば新聞を読んで世の中の動向に気を配り、

飲み会は必ず1次会で切り上げ、その後は寝るまで勉強してる人」

 

が最強ではないんです。

 

 

ウソはつかない。本音で答える。

 

 

極度の人見知りで、極度のあがり症の僕が合格できたのは、このたった一つのルールを守ったからに違いありません。

 

 

もう一回言いますね。

 

 

ウソはつかない。本音で答える。

 

 

3.「おっさんたちとカフェでお茶してる」くらいの感覚でOK

 「初対面の数人と向かい合ってしゃべる」って、対人関係が苦手な僕にとっては相当ハードルが高いことでして。

 

もし僕が「今から面接を受ける」というマインドだったら、緊張で声がふるえ、顔が赤くなっていたことでしょう。

 

でもそうならなかったのは、「おじさん、おばさんとお茶しに行く」マインドで臨んだからです。

 

対人関係が苦手な方は、このくらい軽い感じでOKだと思います。

 

 

【マナーについて】

 面接対策本で

「入室時のノックは○○回」

「入退室の正しいやり方」

「面接官への目線の配り方」

などなど、テクニック的なことが書いているかと思いますが、気にしすぎなくていいと思います。

 

僕、入退室時のマナーとかめちゃくちゃ気にしてました。

こういうところでふるいにかけられるんだろうな、って。

(実際に、この辺のマナーがどのくらい点数に反映されてるかわかりません)

 

でも、1つうまくいかないとその後も引きずってしまうので、あまり意識せず、 とにかく「おじさん、おばさんとお茶しに行く」マインドで臨みました。

(その結果、今こうして地方公務員になれました。)

 

 

最後に

 

ここまでご覧いただきありがとうございます。

 

 

公務員試験の面接で大事なのは

ウソをつかず、本音で答えること

 

 

そして、対人関係が苦手な方は、

おじさん、おばさんとお茶しに行く

くらいの軽い感じで臨むこと。

 

 

この2つを自分ルールとして遵守すれば、合格できると思います。

 

 

僕の実体験が、少しでも、地方公務員を目指している皆さまのお役に立てたなら幸いです。

 

グッドラック。

スポンサーリンク