スポンサーリンク

【11/14トレーニング記録】背中トレーニングのメニューとポイントまとめ

f:id:bonbonbn14:20181117142255j:plain

この記事では、背中のトレーニングメニューと、意識したことやポイントなどを種目ごとにご紹介していきます。

 

全部で3種目です。

参考までにご覧ください。

 

レーニングメニュー

 

①プルアップ

1種目めはプルアップ

ナチュラルグリップ(手のひらが向かいあう握り方)、ワイドグリップ、オーバーグリップ(肩幅)と握り方を変えながら実施。

超絶ていねいに、それぞれの握り方で5回2セットずつ。

 

チーティング(反動をつける)はなし。

 

ワイドグリップ、オーバーグリップともにサムレス(親指をはずす)。

サムレスグリップで行うことにで、より小指に力が入り、広背筋に効かせやすくなります。

■まとめ

・サムレスグリップで広背筋に効かせやすくする

 

②マシンローイング

2種目めはマシンローイング

8回から10回できる重さで3セット。

 

ストレッチポジションで数秒停止し、十分にストレッチを感じてから重りをひく。 

 

インクラインシュラッグ

3種目めはインクラインシュラッグ

10回できる重さで3セット。

 

前傾姿勢でシュラッグを行うことで、主に僧帽筋の中部を狙う。

 

インクラインシュラッグまとめ

・前傾して僧帽筋中部を刺激する

 

 

この日はあまりトレーニングの時間がとれなかったので、インターバル短め(1~2分)で、プルアップをメインにメニューを組みました。

 

マッスルアップ習得に向け、プルアップはひたすら練習あるのみです。

スポンサーリンク